電力自由化活用術!おすすめ業者を徹底比較!

home > 電力自由化情報 > 電力自由化で何円ほど電気代が安くなるか

電力自由化で何円ほど電気代が安くなるか

電力自由化に伴い、多くの方々はコストが削減できるようになりました。
リーズナブルに電力を供給している会社と契約をすれば、電力コストをかなり抑えられるようになったからです。
では具体的に何円程度削減できるかと言われれば、状況次第です。
基本的には多くの電力を使っていれば、かなりのコストを削減できる傾向はあります。
例えば毎月10万円ほど使っている法人の場合は、電力会社の見直しを行えば、数万円ほどコストダウンできる場合があります。
逆にあまり電気を使っていない法人の場合は、コストが削減できる程度が限定される事もあります。
毎月1万円に至っていない会社でしたら、2,000円や3,000円といった具合です。
また契約をする会社にも左右される一面があります。
具体的にどの会社と契約をするにより、コストカットの度合いも異なるからです。



太陽光発電の売却価格のメリットがある電力自由化

建物によっては、電力を作り出すパネルが設置されている場合があります。
いわゆる太陽光パネルです。
それで生産した電気は、電力会社に売却する事もできます。
ですから最近では、太陽光の投資に関心を抱いている方々も増加している状況です。
ところで電力自由化は、その売却に関わるメリットがあります。
なぜなら会社によっては、売却価格が高くなる事もあるからです。
例えば今までに契約していた電力会社の場合は、売却額が3,000円程度だったとします。
ところが別の新電力の会社に売却をした時には、4,000円台や5,000円台などの具合です。
明らかに後者の電力会社の方が、売却額もお得になる訳です。
電力自由化と聞くと、とかくコストダウンが想起される傾向があります。
ですが自由化には、その他にも太陽光の投資に関わるメリットもある訳です。



電力自由化は決して難しい物ではありません

別の電力販売業者に自由に変える事が出来る制度である電力自由化が始まってから、大ぶ時が経ちました。
この制度が始まる前は、制度が始まったら多くの人が別の電力販売会社に変更すると考えられていましたが、未だに多くの人は契約をそのままにして、別の電力販売業者に変える事をしてません。
その主な理由はどの電力販売業者がお得なのか分からない、契約変更の手続きが面倒などです。
折角電力自由化に因って別の電気販売業者に変更が出来るようになったのに、これらの理由によりそれをしない人が大多数を占めているのは、何とももったいない話しです。
どの電力班廃業者がお得かは比較するサイトを見れば大体分かりますし、契約変更の手続きも考えているほど難しくはありません。
多くの人が電力販売業者を変えるようにすれば、業者間の競争が激しくなり、料金の値下げやサービス向上などによって私たち消費者に還元される事に成るのですから、もっと前向きに電力自由化を捉えるべきです。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る