電力自由化活用術!おすすめ業者を徹底比較!

home > 電力自由化情報 > 電力自由化でいったい何が変わる?

電力自由化でいったい何が変わる?

 2016年4月から電力自由化がはじまりました。この自由化により新たに8兆円規模の市場が開かれたとして、さまざまな企業や自治体が参入しています。
 今回始まった電力自由化とは、正確には電力小売全面自由化です。今までと違う点として、一番わかりやすい変化は、地域独占であった小売業が自由化されて、一般家庭でも電力会社を選べるようになったことです。
 これからは携帯電話の会社を選ぶように気軽に契約先を切り替えることができます。日本の電気事業は第二次世界大戦の後からずっと地域ごとに大手の電力会社が独占的に運営をし、そことしか契約できない仕組みになっていましたが、そのシステムが変わりました。
 従来からある電力会社に対して、新しく参入してきた新規の小売会社は一括して新電力会社と呼ばれているのが一般的です。
 大手と合わせると一般家庭を対象とした低圧電力の小売り事業を始めている会社の数は100社前後となり、それぞれが工夫をこらしたプランを用意しています。
 ひとつの会社しか選べないというのは不自由ですが、選択肢がない分、何も考えなくてもいい楽さがあったのも事実です。
 その状態から数百もあるプランから選べる状態になったのですから、困っている人が多いという現状もあります。


 小売会社を選択する基準はプランやサービスで選ぶ、応援したい地域で選ぶ、発電方法で選ぶというのが主です。
 しかし、自由というのはいいことばかりでもなく、選び方によっては電気代は安くなることも高くなることもあります。
 あれこれ考えるのが面倒だという場合には、今まで通りの電力会社を選択するということもできますが、それにより損をすることもあるかもしれないし、望まない原発のために電気代が使われることもあるということです。
 いずれにせよ、携帯電話会社のキャリア変更をするときのように、電気に関してもメリットやデメリットを自分で調べて比較し、そこから選択して契約するというのが当たり前の時代となったというのが実情です。


 電気は会社を選んだだけで、すぐにわかりやすい変化が起こるわけではないですが、間接的な変化につなげることは可能で、自分が評価する企業や地域の取り組み方に対して賛同し選択することにより、お金の流れを変えることができます。
 また、従来の電力会社に対しても意思表示をすることができるようになった点も以前とは異なる点です。
 選べるようになった意味はそこにあります。一般の消費者にとっても積極的に電気に関して参加できるようになったということです。
 電力自由化により、すぐに何かが変わるということではありませんが、この国の電力システムの在り方を変えていくための扉が開かれた今、比較検討し意思表示することも大事です。

MENU

ページの上部へ戻る