電力自由化活用術!おすすめ業者を徹底比較!

home > 電力自由化情報 > 電力自由化が価格破壊を引き起こしました

電力自由化が価格破壊を引き起こしました

これまで電気料金というのは、多少の料金の変動はあった物の、大幅に料金が変化するような事はありませんでした。
それは何故かと言うと、電力会社の間で競争が生まれなかったからです。
電力会社は黙っていても、自分の会社が管轄する地域に住んでいる世帯や会社と自動的に契約が出来ていましたから、他の電力会社と競争する必要がありませんでした。
ですから料金を値下げして、顧客を獲得しようと言う企業努力をして来ませんでした。
それが理由で、料金が変動しませんでした。
ですが今回電力自由化が始まった事で、顧客を他の電力会社に奪われる恐れが出て来ました。
そこで電力会社は重い腰を上げて、電力料金の見直しをするようになりました。
電力自由化に因って固定化されていた電気料金が、ここに来てやっと価格破壊が起き、安くなり始めました。
今後電力自由化が活発化すれば、ますます電気料金は安くなると見込まれます。



電力自由化は他地域の電力会社の電気も買える

電力自由化は政策変更でいろんな電力会社の電気を自由に買えることができる政策となります。
従来の政策ではそれぞれの地域ではある電力会社の電気しか買うことができず、それのために独占という弊害が発生していました。
この独占では電力会社の安定が保証される一方で、競争原理が発生しないで価格が高騰する可能性があることが指摘されていました。
2011年の東日本震災による数々の指摘を受けて、2016年の4月から家庭用など低圧の電力に関しても、法律改正により利用者は他社の電気を契約購入できるように変更されました。
そして実際に一部の利用者は他社や他地域に存在する電力会社の電気を契約購入をしています。
ただ大局的には他社に切り替える動きは日本では依然として低調傾向で、他社変更契約者数はわずか1パーセントほどとの報道があります。
というのは広報不足で認知度が低いこと、まだ始まったばかりの政策で様子見をしていること、契約前のシミュレーションなどで他社に切り替えても料金が大幅に下がらないことなどが理由の1つとされています。



電力自由化を積極的に利用すべきです

これまで電気を使用したい場合、お住まいの地域を管轄する電力会社としか、契約をする事が出来ませんでした。
他の電力会社の方が料金が安いからそっちと契約したいと考えても、それをする事は出来ませんでした。
これは電力会社にとって都合がいいモノであり、私たち消費者にとっては不都合以外の何ものでもありません。
そこで消費者の不都合感を解消する為に、この度電力自由化が行われました。
これでやっと、自分が契約したい電力会社と契約が出来る様になりました。
ですがにもかかわらず、実際に電力会社を変更した人は、まだまだ本の一握りの人しかいません。
電力自由化の仕組みが良く分からないとか、契約を変更するのが面倒などの理由で、何もしない人がほとんどを占めています。
ですがこれではこれまでと何も変わりませんから、もっと電力自由化を積極的に利用して、電力会社間で競争を激しくさせ、料金値下げなどのサービスをもっとさせるべきです。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る