電力自由化活用術!おすすめ業者を徹底比較!

電力会社を選ぶなら比較サイトが便利

料金の比較だけでなく、セット割りなども含めて総合的に電力自由化の恩恵をチェックしたい場合は、この比較サイトを使いますと効率良く調べられます。このサイトは電力自由化の比較サイトになっているため、おすすめ業者を多数比較できるのが強みです。

電力は自由化されたことで市場競争原理に基づき、各業者が魅力的なサービスを打ち出していますから、この比較サイトを活用してしっかり検討しましょう。また、一般家庭のほか、法人に最適なおすすめ業者も探せますので、電気の利用環境を問わず厳選できます。

この比較サイトなら単価や料金プランで各業者を比較できることはもちろん、電力会社の規模でも比較できるため便利です。さらに、電気の発電方法を比較して選ぶことも可能ですから、太陽光発電や風力発電など、環境保護に配慮している業者を選びたい時にも役立ちます。

総合評価
★★★★★

電力自由化によって新電力会社が全国各地に登場して営業を行っています。この中でハルエネでんきは幾つかの特徴を持ったサービスを提供しています。ハルエネでんきは全国各地で小売電気事業を展開しますので、各地の方がお得な料金への変更を行う事が可能です。

ハルエネでんきでは従来と同じ電線を使用して電気の品質は全く同じなのに、料金をお得にする事が出来ます。このハルエネでんきは24時間365日営業を行っていますので、好きな時にインターネットから利用手続きを行う事が可能です。

またハルエネでんきでは、いくら料金がお得になるのかシミュレーションを行って予測する事も可能となっていますので、変更検討の際に活用できます。この様なサービスを有効活用する事が大切です。

総合評価
★★★★

最近、電力自由化に伴い、各社電気料金の比較などが頻繁に行われておりますが、一般の人からすると逆に選択肢が一気に増えたことで、自らが勉強をして選ばないと損をしてしまう時代となってしまいした。そのため、一般の人は何が良くてどこへすればと、路頭に迷っている状態です。

現時点では地域に元々あった関西電力や中部電力が一番料金の高い電力会社とされており、そうは言っても昔からここにお願いしているからという固定概念は特に日本人は強いため、なかなか他社で電気を契約まで飛び込まないでいるのが現状です。

そこで登場するのがTOSMOでんきです。TOSMOでんきはその使用電気量に応じて単純にやすくなります。使えば使うほどその削減率は高まる料金体系なので、わかりやすいです。また、その提供エリアもかなり広いというところもありごたいです。

総合評価
★★★★

suスマホやauケータイ、auひかり電話などとauでんきを組み合わせる事でお得に利用できるauでんきセット割を利用する事ができます。電力自由化をによって利用する事ができるようになったauでんきセット割は、世帯人数によって割引率が違い、使えば使うほどお得になる仕組みです。

auでんきアプリを利用する事で、電気の使い方が見えるのでエコでスマートに電気を使用する事ができます。電気の使用量をチェックしたり、省エネ方法を提案すると共によく似た家族構成の電気使用状況と比較する事ができます。

電気は従来通りの方法で送電されてくるので、今までと変わりなく高品質の電気をそのまま使用する事ができます。全国各地で提供されており、インターネットや全国auショップなどで相談や申し込みをする事ができます。

総合評価
★★★

サニックスでんきは電力自由化解禁で登場した新電力会社の1つです。この会社の基幹母体は株式会社サニックスで福岡市博多区で活動しています。創業は1975年で資本金は140億円を有し、これまでに衛生管理事業を主体に経営してきました。

なお小売電気事業者登録としてA0057を取得しています。なお電気事業としての営業時間は平日の9時から17時で、土休日は定休日となっています。このサニックスでんきは現時点での電気小売りエリアは九州と東京電力管内を対象としています。

それぞれの電力管内で販売される電気は全国15箇所の資源燃料化工場でプラスチックを破砕した廃プラスチック燃料を生成し、それを苫小牧の火力発電所で電気に変換し送電しています。また一部は各家庭の太陽光発電装置で生成された電気を買い取り販売を行っています。なおこの電力会社と契約する場合はスマートメーター設置を必要とします。

総合評価
★★★★

東京電力エナジーパートナーは、2016年4月に東京電力株式会社が分社化することになり、小売電気事業を担当することになりました。スタンダードプランをはじめとして、プレミアムや夜トクプランなど多様化するニーズに応えています。

電力自由化に伴い、東京電力エナジーパートナーでは従来の料金プランに加えて、自由な電気の活用を応援しています。その一環として、電気事業にとどまらずガスへの対応や再生エネルギーなどの幅広い視点から未来を見つめています。

東京電力株式会社が分社化しホールディングカンパニー制へと移行したことで、電気の契約事業を一手に担うことになり、またグループ会社との連携を活かしたサービスを提供しています。

総合評価
★★★

エネさんでんきは関東地域で活動する新電力会社の1つです。この会社の正式名称は株式会社エネサンス関東と名乗り、2016年から一般家庭向けの低圧電力の電力自由化販売解禁に伴って参入を開始しました。この会社の本社は東京の港区浜松町にありますが、営業のための活動拠点として関東各都県に支店が設置されています。

その関東各地域の活動拠点は本社以外では栃木2か所、群馬3か所、埼玉5か所、東京2か所、千葉4か所、茨城2か所、神奈川4か所となっています。この会社の電力の発電は昭和シェル石油の発電所で作られた電気を送電使用しており、発電は天然ガスが7割、バイオマス2割で全体の9割を超えています。

ただしこの会社の電気の購入をされる場合は、既にLPガスを使用している家庭が対象となります。その際はスマートメーターがあることも必要となります。なおこの会社の営業時間は朝9時から18時までで、定休日は日曜日となっています。

電力自由化では大手が良いか中小でも良いか

産業の中には、小規模でできることもあれば、大規模でないと行えないこともあります。電気を発電して供給しようとすると、かつてはかなり大きな規模が必要でした。
水力発電ならダムが必要です。火力発電なら石油やガスなどを燃焼して水蒸気を作る必要があります。原子力発電は安全な設備でないといけません。
ただし、最近はそれ以外の発電方法もあり、規模が小さいものもあります。電力自由化では、これまであった大手企業が提供するサービスと、中小企業などが提供するサービスがあります。大きな会社だと安心で中小だと不安になるかもしれません。
個人の家庭で利用する分には、中小企業が提供するサービスでも特に問題はありません。中小企業だからといって、その会社が直接電線を引っ張ってきて供給するわけではありません。利用者側としては、契約上の問題だけです。


マンションによって電力自由化で選べない

インターネットや電話に置いて、光回線のサービスを受けたい場合があるでしょう。
一戸建てなら比較的自由に契約ができるものの、マンションの場合はできないこともあります。マンションそのものに設備がない場合もあり、管理組合などを通さないといけない場合もあります。電力自由化では各家庭で自由に契約できるとされていますが、一戸建てでもマンションでも可能かどうかです。
マンションへの電力供給方法として、高圧一括受電と呼ばれる方法があります。
これは、マンションが直接電力会社から電気を購入し、それを各戸に送る仕組みです。マンションとの契約になるので、各戸は個別の契約が出来ません。高圧一括受電の契約期間があるので、それが終わればできる可能性はあります。
低圧契約は元々が各戸との契約になるので、自由に選ぶことが可能です。


電力自由化で環境にやさしい電気の選択

大手電力会社の発電方法としては、水力、火力、原子力などがあります。
水力は自然の水を使いますが、継続的な発電が難しいです。又ダム建設では一部の自然を犠牲にしないといけません。火力は石炭や石油を燃やすので二酸化炭素の排出があります。原子力は安全に運転できればエコですが、ひとたびトラブルが起きるととんでもない被害やコストを引き起こします。廃炉などにもコストがかかります。
各家庭では、エコな電気として太陽光発電装置の取り付けなどを行っているところがあります。ただし、どの家庭でも取付けられるわけではありません。電力自由化によって、エコな発電装置で発電をしている会社と契約することが可能になります。これによって、間接的ではあれエコな活動に参加できます。
多くの人がエコな電気を使えば、供給側もエコな電気をどんどん供給するようになるでしょう。

MENU

ページの上部へ戻る